車内で家電製品を使いたい方へ

​電 装 品 F A Q

​サブバッテリーについて

​サブバッテリーとは?

​バッテリーとは、電気を蓄えておく事ができる装置、つまり蓄電池です。

自動車はエンジンを始動するためのセルモーターや、エアコン、ランプ類、カーナビなどの電子機器を使用するためにメインバッテリーから電気を供給しています。一方、キャンピングカーは車内で過ごすための電装品を装備しています。例えば、冷蔵庫やテレビなどの家電がそうなのですが、これらの電気製品を使用するために必要なのがサブバッテリーです。電気製品を使うための電気をメインバッテリーから取ってしまうと、容量を超えてバッテリーが上がってしまい走行出来なくなる可能性があります。こうした事態を避けるためにメインバッテリーとは別にサブバッテリーを装備する必要があるのです。※サブバッテリーの電気はDC12Vです。

​サブバッテリーの充電方法とは?

​サブバッテリーの充電方法は、大きく分けて3つあります。

1.走行中にエンジンのオルタネーターの発電を使って充電する走行充電。

​ オルタネーターとは、エンジン駆動を利用して車に必要な電力を作って供給する「発電機」のことです。

2.家庭用の100Vコンセントから充電する外部充電。

3.自動車の屋根にソーラーパネルを設置して太陽光発電によって充電するソーラー充電。

​充電方法別の特長は?

​●走行充電

走行充電とは、走行中にオルタネーターの発電によりメインバッテリーを充電している間、サブバッテリーの充電を一緒に行うシステムで、メインバッテリーが満充電になるとサブバッテリーの充電も止まります。また、走行する距離が少ない場合にもサブバッテリーは充分に充電されません。

ここでは走行充電システムの特性について、気に留めておきたい点をご紹介します。

*近年、自動車は燃費向上のため、エコタイプのエンジンになっています。

          

*エコにするため、燃料を多く消費するオルタネーターの動きを制御する仕組みの車が多くなっています。

          

*制御がかかると発電を止めてしまうため充電も止まってしまいます。

          

*これによりサブバッテリーが十分に充電されない可能性もありますので、ボルトメーターで必ず確認しましょう。

●外部充電

外部充電とは、ご自宅やキャンプ場などに設置されている家庭用100V電源のコンセントから充電をする方法です。

いちばん確実な充電方法ですので、車の使用前後や使わない期間は必ずご自宅で充電することをお勧めします。

●ソーラー充電

自動車の屋根にソーラーパネルを設置して、太陽光発電によリ充電​する方法です。

基本的には停止している間のサブバッテリーの充電に有効で、外部電源を取り込めない環境の場合にも役立ちます。

例えばキャンプや旅に使用する冷蔵庫の稼働やテレビを観るための電力供給に。また、車に乗らない間、電気を使用しなくてもバッテリーは自然放電します。うっかりバッテリーを空にしないためにも太陽が当たっていれば電源無しで充電されるソーラーパネルは大変おすすめの充電方法です!

​サブバッテリーの重要性

キャンピングカーにはサブバッテリーが大変重要です。サブバッテリーの電圧が下ってしまうと電気製品を稼働させることができませんし、またバッテリーはいちど空に近い状態にしてしまうとなかなか充電されず、バッテリーへの負担も大きくなり故障の原因にもなります。つまりサブバッテリーはできる限り満充電にしておくことが大切です。

​インバーターについて

​インバーターとは?

​インバーターとは、サブバッテリーの電気DC12Vを、一般家庭用の電気AC100Vに変換してくれる機械です。

一般家庭用の電気製品(家電)を車内で使用するには、自動車用の電気12Vを家庭用の電気100Vに変換しなくては使うことができません。代表的な家電として電子レンジやテレビ、電気毛布などを使うために、インバーターが必要になります。ちなみに冷蔵庫や電子レンジなどには車用DC12Vを使える機種もあり、その場合はインバーターを経由せずサブバッテリーに直接繋いで12Vの電源で稼働させれば消費電力が少なくて済みます。

​インバーターには3種類のタイプがあります

​電気には波形があり、インバーターから出る波形には●正弦波、●擬似正弦波、●短形波、の3タイプがあります。

このうち家庭用の電気と同じ波形が正弦波という波形で、例えば電気毛布など温度が調整できるマイコン制御の電気製品でも使用が可能です。

​インバーターの選び方

インバーターには350Wや800W、2000Wなど様々な種類があります。例えば出力の大きな機器を使う予定がなく、消費電力の少ない照明やモバイル機器の充電、テレビなどを一緒に使った場合に、消費電力の合計が100Wだった場合には350Wのインバーターを、電子レンジや電気ポットなど定格出力が700W~900Wまでの、単体で大きな電気を消費する電気製品を使用する場合には1800W以上のインバーターを選びます。なかでも注意したいのは電子レンジや電気ポットなどの熱を発する家電で、起動時や温め始めには定格出力の数倍の電力を消費します。インバーターを選ぶ際は、余裕を持った大きめのインバーターをお選び頂くことをおすすめします。

​電装品まとめ

​軽キャンピングカーにおいて、サブバッテリーの電力を使って家電製品を稼働させる場合には、計画的に使うことが大切です。出力容量に合わせてインバーターを用意すれば家電を使うことは出来ますが、出力の大きな家電などは連続で使用すると電圧を一気に低下させてしまいサブバッテリーにかかる負荷が大きくなり故障の原因にもなりますので連続使用は避け、サブバッテリーの電圧を確認しながら慎重に使いましょう。また軽自動車の発電量には限界があります。家庭用100V電源を利用できるオートキャンプ場やRVパークなどでは、外部電源装置を利用して電気製品を使い、サブバッテリーはこまめに充電をおこなって出来る限り満充電になるよう努めましょう。

  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram

有限会社モッズ

〒242-0022 

神奈川県大和市柳橋​5丁目2-4

TEL 046-279-3020 FAX 046-279-3021

営業時間 10:00~19:00

定休日    木曜日・祝日・イベント日

© 2019 MOD'S FACTORY. All Rights Reserved.